SIMPLE NOTE シンプルノート

Less is more.

重要なのは「どうシンプルなのか」ではなく「なぜシンプルなのか」です。


そこに住む人が快適で幸せになれる要素を見つめ、
それを追求することで生まれるデザイン。


付け足すばかりの家づくりでは負担が増すばかり。
だから、今こそ考え方を変えてみませんか。


これからの家族のあり方。

未来の夫婦の姿。

真剣に考えれば大切なものが自ずと見えてくるはず。


「より少ないことは、より豊かである。」


SIMPLE NOTE それは今までにない、新しい住宅のカタチ。

なぜシンプルノートなのか? 5つの理由

01カッコイイのに住みやすい
一般的に、オシャレでカッコイイ家というのは住みにくいと言われます。これは、デザイン性を保つために性能や頑丈さ、そして住みやすさという貴重な要素を犠牲にしているからです。しかし、すべてのカッコイイ家が住みにくいわけではありません。SIMPLE NOTEのデザインにおいて最大の特徴は、これまでの家に比べて視覚的要素が圧倒的に少なく、シンプルなデザインになっていることです。快適さや暮らしやすさを保ちながら、不要なものを取り除いていき、シンプルですっきりしたデザインを生み出していくのです。

カッコイイのに住みやすい

デザイナーズ住宅でも安価に

02デザイナーズ住宅でも安価に
デザイナーズ住宅は高い!このようなイメージをお持ちの方も多いでしょう。それは、デザインという価値を付け加えるために無駄な装飾や設計を加算したり、建築家が作品づくりに傾倒することにより価格が上がります。SIMPLE NOTEでは機能を落とさず必要ないものを省く、合理的な家づくりを行います。例えば廊下。部屋と部屋を繋ぐだけの空間に、はたして貴重なコストやスペースを無駄に使う必要があるのでしょうか。余計なものをそぎ落とした結果が負担を減らす事につながり、家を建てる本来の目的を実現できるのです。

デザイナーズ住宅でも安価に

03開放感がありながら外からの視線を遮断
SIMPLE NOTEでは、外からの視線が入り込む道路面や隣接する家がある方向に、むやみに大きな窓を作ることはしません。そうすることで、外からの視線を気にすることがなくなり、同時にカーテンや雨戸の出費を抑えます。家の外側に窓がないメリットは他にもあります。それは防犯性能です。外側に窓がなく中庭のある家をつくる事で、コストカットしながら防犯性能を上げる事ができるのです。SIMPLE NOTEはこれからの新常識としてこれらをご提案します。

開放感がありながら外からの視線を遮断

子育て中でも散らからない

04子育て中でも散らからない
子育て中は散らかるものだから仕方ない、と諦めてしまう必要はありません。SIMPLE NOTEの設計は、その名の通り家族の生活動線をできる限りシンプルになるよう工夫しています。生活の中心であるリビングと子供部屋の動線が限りなく近いことで、子供のものを子供部屋にしっかり収納できるようになり、またパントリーや土間収納もリビング近辺にあるため、リビングをいつもスッキリとキレイに保つことが可能となります。片付けやすい環境を作ることこそ、家を綺麗に保つ近道となるでしょう。

子育て中でも散らからない

05日当たりの悪い土地でも明るい
SIMPLE NOTEでは、外からの視線が入り込む道路面や隣接する家がある方向に、むやみに大きな窓を作ることはしません。そうすることで、外からの視線を気にすることがなくなり、同時にカーテンや雨戸の出費を抑えます。家の外側に窓がないメリットは他にもあります。それは防犯性能です。外側に窓がなく中庭のある家をつくる事で、コストカットしながら防犯性能を上げる事ができるのです。SIMPLE NOTEはこれからの新常識としてこれらをご提案します。

日当たりの悪い土地でも明るい

シンプルノートで“不要な出費・無駄なお金”を削ぎ落とす

シンプルノートで“不要な出費・無駄なお金”を削ぎ落とす

プラン

ph03

シンプルで経済的

コストを削減しながら
より安心で住みやすい家を一緒につくりませんか?
SIMPE NOTEは、耐震等級3、断熱等性能等級5「ZEH(ゼッチ)基準」を 標準仕様としています。昨今、自然災害が多い日本では、公共の建物は もちろん、住宅への耐震対策も重要項目とされています。家族がより安心 して暮らせる家づくりを私たちと一緒に考えてみませんか。プランを迷わ れている方へのアドバイスも行いますのでまずはお気軽にご相談ください。

目安価格:18,070,000円〜

コストを削減しながらより安心で住みやすい家を一緒につくりませんか?

無料資料請求・家づくりのご相談はこちらから

アーキプラスへのお問い合わせ・ご相談・資料請求は電話またはお問い合わせフォームより承ります。